海外でF1を楽しもう!観戦チケットなどが込みのツアーがお得

有名な南国リゾート

女性

防犯意識をしっかりと

日本人にとって南国リゾートというのは憧れの一つですが、日本からも近くて人気のリゾート地の一つとしてバリ島があります。一年を通して日本の夏場と同じような気候であり、インドネシア領であるため日本からそう遠くないだけではなくビザも不要であるために気軽に行くことが出来るのがバリ島の魅力です。バリ島は夏や冬といった季節はありませんが、乾季と雨季に分かれていて4月から9月の乾季の方が湿度が低く過ごしやすいので人気とされています。雨季であっても南国亜熱帯のような感じではなく、1日に数回スコールと呼ばれる雨が降る程度なので大きな問題はありません。また、バリ島はその暖かい気候だけではなく文化的にも魅力溢れるリゾート地でありヒンドゥー教の寺院や儀式を見学することも出来ます。その際には現地のマナーを守って見学することが大切です。そんな世界中の人が集まる南国のリゾート地であるバリ島ですが、旅行先ということもあってどうしても浮かれてしまいがちです。ですが、比較的安全な地域とはいえバリ島に行く際には外国に行くということを自覚して防犯意識をしっかりと持つことが大切です。命の危険に晒されるような犯罪に巻き込まれる可能性は低いですが、元々人口密度が高く世界中から多くの人が集まるためにスリや置き引きといった被害に遭う人は少なくありません。日本と同じ感覚でいるとすぐに狙われてしまうので、貴重品は必ず盗まれないように注意することが大切です。